死にたくなければ、考えろ!

おはようございます。吉野実岐子です。

「流されちゃって」「ぶれたくないんです」と仰る方は、どこか自分が被害者だと思っているようです。「わたしかわいそうなんです」が、ほんのりと確実にだだ洩れしています。他人事にできる鈍感さが、初々しいニュアンスを添えているから、それで取り繕ったつもりです。

そして、この層がまさに「せんそうばんざーい」と言っていたのです。「内心ではそう思っていないからいい」と、行動ではそうしていたのです。あの頃だって、この層が人口のほとんどを占めていたのです。

“Faith is to believe what you do not yet see; the reward for this faith is to see what you believe.”

Saint Augustine

自分の頭で思考しないことに実際にはふんぞり返っているこうした魔物たちは、いつも初々しくあらわれます。

死にたくなけれは、自分の頭で考えることです。考えるに値する頭を自分てつくりあげることです。




エシカルな消費とサスティナブルな暮らし

おはようございます。吉野実岐子です。

普段「エシカルな消費」や「サスティナブルライフ」を頭で考えているわけではありません。つまり、そうした左脳に偏ったことはせず、体感するという右脳を使うことをする、つまり右脳も左脳もバランスよく使って、日々の消費や生活様式へ至っています。

ただ、時々左脳でつまり文字情報を追うなどしてみると、発見があります。今回は、日焼け止め成分について、調べていました。自分で日焼け止めを作るとしたら、紫外線散乱剤として酸化亜鉛・ニ酸化チタン、紫外線吸収剤としてフェルラ酸・ビタミンC・ビタミンEを使うことになりそうなんです。

そこで、今回はこれらの成分について調べてみました。酸化亜鉛は光の屈折率が高いから七難隠してくれるわけですが、だからこそ白浮き・きしみも生むそうです。亜鉛華軟膏で知られるように、表皮収れん効果・抗菌作用を持ちます。こうしたことから、制汗剤などにも入っているようです。意識高い系オーガニック化粧品(とされるもの)は、ナノ化していない(場合によりステアリン酸と水酸化アルミニウムなどでコーティングした)酸化亜鉛を含むことがあるようです。手作りする場合、ナノ化した酸化亜鉛はほぼ手に入らないでしょうから、単位がnmでないなら、気にしなくて良さそうです。

二酸化チタンの方は、2020年からフランスでナノ化したものを食品に入れることが、禁止されました。日本では、日焼け止めだけでなく、歯磨き粉や医薬品にも使用されています。動物実験により発がん性物質の可能性が指摘されています。意識高い系オーガニック化粧品(とされるもの)は、ナノ化していない二酸化チタンを、水酸化アルミニウムやステアリン酸などでコーティングした形で含むことがあるようです。手作りする場合、ナノ化した酸化亜鉛はほぼ手に入らない点は、酸化亜鉛と共通しています。手作りする際は、こちらは少なめに加えた方がいいのかなと思いました。

フェルラ酸・ビタミンC・ビタミンEは、いずれも口に入っても大丈夫どころか、基本的にはプラスの働きをしてくれるものばかりです。米糠から抽出されるフェルラ酸が、ビタミンC・ビタミンEを安定化し、またフェルラ酸自体が紫外線吸収効果を持ちます。フェルラ酸は、認知症予防効果の方が有名かもしれません。

こうして知ったことが、また自分にも地球にも負担の少ない消費や生活様式に自然とつながっていくなら、素敵だと思います。そして、そうなるには、正しく体感できる身体づくりを外せないのです。



現実が追い風になる転職

おはようございます。吉野実岐子です。

それでは、先日の続きを踏まえて、転職のケースについて考えてみましょう。転職は不安がつきものであり、またポジティブに見せる仮面を長年の会社生活で顔に貼りっぱなしのことも多いため、言葉に出さなくても「これくらいなら我慢できそうなこと」「ビジョン」に目がくっついてしまい、前のめりになることが多いようにお見受けしています。

そうすると、現実ではなく妄想に後押ししてもらうことになってしまいます。転職において、現実を見るとはまず何を見ることでしょうか?それは、今の会社や今の業界や今の職種やポジションで感じている、不平不満を含む違和感です。「大体、会社はこんなものだから」と考えることは、現実を見ているのではなく、妄想を見ているだけだということがご理解いただけているでしょうか?

職種や業界を変えず、転職するのだとしても、今感じている不平不満を含む違和感は細かく全部吐き出すように、自分で知っていく必要があります。お掃除ロボットかけたのに、またゴミが落ちているといった雑さではなく、床を舐められるように掃除する(中学の時に言われました(笑))ということです。

「こんなこと言ってもしょうがない」と押し込めてきたものを、自分で開いていくのは、どこに入り口があるかもわからずなかなか難しいでしょう。だから、本当に専門家の手を借りることが、早いのです。


能力開発としてのトラウマ治療

三月に入りました!おはようございます。吉野実岐子です。

先月半ば、宮城・福島を中心に震度6強という大きな地震がありました。こわい思いをした全員が被災された方と呼べます。そして、それこそがトラウマが隠れているサインでしょう。

トラウマという言葉に、さっと身を引いて「私には関係ない」と言いたがる、内省できない方が多いようですが、トラウマには能力開発の側面があります。今回はその話をしています。

◆ ”今日もthumbs-up”

– Podcastはこちら
– Radiotalkはこちら

パソコンからなら、アプリのインストールは不要です。上記どちらも、パソコン上では、そのまま再生できます。





現実は厳しいの?

おはようございます。吉野実岐子です。

「現実は厳しい」という常套句は、何を意味しているのでしょうか? 単に、その人が妄想の中にいて、いまだ妄想の中にいることを表しています。

子供はちゃんと現実の中にいるから「昨日と同じ晴れ」と思わずに、目の前にある空や太陽を見て「太陽があんなところにある」と喜んだりしています。

そう「昨日と同じ晴れ」という情報処理が、もうその人を妄想の中に連れて行きます。「昨日と同じ晴れ。またたくさん花粉飛ぶかな?」のようにです。しかし、実際にその人がいる現実では「太陽があんなところにある」が広がっているわけです。

「好きだけど、似合わない」服や靴や髪型やメイクは、あなたが妄想の中にいたことを表してくれて、「好きじゃないけど、似合う服や靴や髪型やメイク」は、あなたを現実に引き戻してくれているのです。「ほら、あなたの良さを今ひきだしたよ。自分の魅力を見て」と、伝えてくれているのです。

でも、妄想の中にいた人は、そんな時こそ「現実は厳しい」と思うわけです。さて、本当に厳しかったのは、妄想の方ではないでしょうか? 明日以降に続きます!



気温で選ぶ、外出時間

どんな名前の羊の毛を使い、どのおばあちゃんが編んだかまでわかるなんて、素敵です。おはようございます。吉野実岐子です。

うねるような激しい気温差が繰り返されていますが、みなさん具合はいかがですか?

体調管理する1つの方法に「本来のこの時期の気温の時だけ、外に出る」があります。仮に、あなたの住んでいる地域で、本来のこの時期の気温が10度前後だとしましょう。

ところが昨日は、最高気温19℃、最低気温2℃でした。今日は、最高気温12℃、最低気温−1℃でした。そして明日は、最高気温3℃、最低気温−5℃です。

この場合、この三日間のうち出かけるのに1番良いのは、今日でしょう。しかし、このうち二日間は、どうしても出かけないといけないなら、昨日の午前9時頃(11℃)と今日の13時頃(10℃)を、外出する時間として選ぶのです。

もちろん事前予約制や待ち合わせなど、外出する時間を選べないこともあります。そういう場合は、なるべく気温の乱高下の中にパターンを見つけ出し、そのパターンに沿って、アポイントメントを入れるようにします。

仮に、上で書いた三日間のパターンが繰り返されているとするなら、なるべく中日にあたる日に約束をとりつけます。また、当日予約を受け付けているところを探しておくのも、助けになるでしょう。

地球が壊れている中で、人間も当然壊れています。そんな中、自分を壊さないようにするには、下りのエスカレーターに乗り、駆け上がり続けるような努力が必要になるでしょう。



身近すぎる「てんかん」

おはようございます。吉野実岐子です。

今日はこちらでも触れた「てんかん」が、あまりにも身近な病であることをお伝えします。ちょうど『意識と自己』(アントニオ・ダマシオ著、講談社学術文庫、2018年)のはじめの方に、その具体例が載っていたので、引用します。(kindleで読んだので、ページ数がわかりません)

「突然、話の途中で男性が黙りこくった。顔は動きを失い、口は開いたまま固まり、目は私の背後の壁の一点をうつろに見据えていた。数秒間、彼はぴくりともしなかった。彼の名を呼んでみたが、返事はなかった。それから少し動きはじめ、唇を舐め、目はニ人の間にあるテーブルへと移った。男性はコーヒーカップと小さな金属製の花瓶を見ているようだった。いや、カップを手にしてコーヒーを飲んだのだから、見ていたにちがいなかった。私は繰り返し話しかけてみたが、返事はなかった。彼は花瓶に触れた。私は何が起きているか尋ねてみたが返事はなく、顔にも表情はなかった。彼は私を見ていなかった。そうこうするうちに男性は立ち上がった。この先どうなるかわらかず、私は焦った。彼の名を呼んだが返事はなかった。この状態はいつまでつづく?そう思っていると男性はくるりと向きを変え、ドアに向かってゆっくり歩きだした。私は立ち上がり、もう一度名前を呼んだ。男性は立ち止まり、わたしを見た。顔に少し表情が戻っていた。まごついているようだった。もう一度声をかけると、「なんだい?」と言った。
ほんのつかの間、と言っても長く思えたが、男性は意識障害を起こしていた。神経学的に言えば、彼はまず「欠神発作」を起こし、その後「欠神自動症」を起こした。それらは、脳の機能障害によって引き起こされる癲癇の、さまざまな現れ方のうちの二つである。」

一般に、こうした症状には、周りが気づけないことがほとんどです。「抜けている」のようにキャラにされてしまったりしますが、状況により本人が過度にみえる責任を負わなくてはいけなくなったりします。

他にも、スピリチュアルなことや能力のようにも誤認されている、デジャビュ(例: 初めてだけど見たことがあるような感覚)やジャメビュ(例: いつも通ってるけど初めてのような感覚) なども、てんかんを疑う代表的な症状の一つです。

ご自身や大事な人の安全のため、ご理解いただけましたら、幸いです。



春財布

観葉植物と暮らしている方には、参考になるでしょう。おはようございます。吉野実岐子です。

10年くらい前からでしょうか?春財布という言葉を見かけるようになりました。そして、そろそろ春のまさに今、財布の買い替えを考えている方もいらっしゃるかもしれません。

財布は靴や時計と似て、どこかステータスの象徴のようにも語られます。そのため、とにかく高級な財布を持とうとしたり、運がいいとされる財布を見つけようとしたりと、外からの目を気にして買う方が多い品物の一つに見えます。例えば、クッションを買うとき、灰汁すくいを買うときなどとは、違った目線と緊張感で選ばれることが多いように見えるのです。

ここでもまず、自分の現実をみることが、あなたの未来を助けます。「年収アップ」「なぜか宝くじにあたる」など、財布にのせようとしているその過剰な願いを、一旦目の前に広げてみるのです。

例えば「お金持ちになりたい!だから金運アップ」と思っているなら、財布はサンタクロースではないことを受け入れましょう。その上で、その願いを持ちながら「少なくとも、今の自分が浪費しなくなれば、年間30万円は浮く」といった現実を見ます。

浪費しなくなるお財布は、どんなお財布でしょうか?少なくとも、気持ちが上がったりしない、見ると気持ちがしずまるようなお財布です。そうなると「かわいい!」と思うお財布より、見る度に気持ちがスーッと落ち着く色やデザインを選ぶ方がいいでしょう。そうすると「これも買ってしまえ」が起きづらくなります。好きな色より、落ち着く色です。

また、レジ前でお釣りを受け取ったら、後ろの人が気になってしまわずに動こうとしてしまうなら「さっとしまえる形状」にすると、そわそわする瞬間が消えます。そうしたちょっとした不快感があると、後でそれを相殺するように「リラックスしたいから、カフェにいこう」など、浪費が発生します。

そして、お財布の中がごちゃごちゃしているから、レシートの家計簿への転記が嫌になるなど腰が重くなる感じが出てくるのなら、お財布には「見渡せる」を求めた方が良いでしょう。例えば、ミニ財布より長財布の方が良さそうです。

さらに「とにかくたくさんカード入れがあるといい」ではなく、今あるカードの中で必要な物だけ残し、不要な物は解約等した上で、必要な枚数を「6」のように、数値で知りましょう。「カード入れが6つ」が、財布を選ぶ条件に入ってきます。

そうやって選んだみなさんのお財布は、おそらく「好きな色で好きな形で好きな触感」「~に見えて気分が上がる」といった、いつもの選び方では選ばないものになるでしょう。そのいつもとのズレは、あなたの生活の他の部分にも展開していると思います。それこそが、あなたがお金持ちになったり、年収UPしたり、金運がよくなる道への入り口です。



【開催報告 & 追加募集】オンラインWS「とびきりの2021年」

おはようございます。吉野実岐子です。

もはや一週間のうちに、夏と冬が同居するという、驚愕のお天気の中で、オンラインWS「とびきりの1年」を開催しました。一週間の中にもこんな幅が存在するようになった地球に住んでいると、この時期に、この一年を決めるこのワークショップを受けておくことは、ほんとうに心身を護ってくれる御守りになると思います。きれいな未来を、一緒に用意しましょう!

それでは、頂いた感想をシェアします。

「今の身体は:
○骨盤がしっかり立っている
○背骨の長さがより長くなり、身体の中心に柔軟な太い芯が通ったように感じられる
○肋骨の開きがより柔軟になり、呼吸が深くなった

今の心は:
○静かに深いところから安定している
○より心の視野が広がり、視界がクリアになった

自分の人生に大事なことは:
○自分の内的感覚を持ち続ける
○自分で書いたことを折々で振り返り、具体的に行動していく

とても柔らかく穏やかな時間でした。
これまでの目標のとらえかたと全く違うアプローチで、どんな2021年にしたいかを具体的に組み立てました。組み立てるだけでも自分の心のスペースがどんどん整理されていき、結果として心の中の動線が変わった感じがします。この時期にこのWSを受けることが出来て本当に良かったです。また、これから先、自分がどのように変わっていくのか本当に楽しみです。ありがとうございました。

(女性、44歳、法人営業)」

オンラインWS「とびきりの2021年」開催概要はこちらです。



ピチピチと、もがこう

おはようございます。吉野実岐子です。

気候変動が激しくなるにつれ「都会的な生活をせざるを得ない」方へ、自分の生活が徐々に押しやられてきた感覚を持っています。

例えば、引っ越してきた頃、どの窓からも見える山や畑や水田が本当に美しく、自分が美しさの一部として生きているような感覚を、当たり前に持てました。地球環境がきれいだと、こういうギフトをもらえるのです。何をしていても、身体は(それまでに住んでいたところより)楽だし、だから、気分も素晴らしくよかったのです。

しかし、気象変動が激しくなって、まずは空気が汚くなり、洗濯物や布団を干せる気持ちよさを失い、室内干しの時間が毎年伸びていきました。電気への依存度、すなわち経済への依存度が上がっていくのです。

空気の汚さで、外に見えている山や畑や水田も、本当に汚く映るようになって、自然と顔を上げて、遠くを見ていたのに「映画でも見ようかな」「本でも読もうかな」と、顔を下げ目線を下に置く日が増えました。

また、空気の汚れから、外に植物を置けなくなって、いつしか切り花を買う生活に、戻っていきました。引っ越してきた頃は、顔を上げれば美しさの一部になれるから、切り花は不要だと思えていました。切り花という不自然さを、自然とは呼べません。その植物にあった土地で、その植物が咲いている方が、圧倒的に美しいし、それが自然だからです。

かつて、都会で都会的な暮らしをしていた頃は、その不自然さを「おしゃれ」や「洗練」といった切り口で捻じ曲げて、一時的に自分の気持ちが良くなるところにいたから、自分の意に沿っていませんでした。そのため、すごく苦しくもあったのです。

そんなわけで、最近は獲れたての魚の如く、もがいています。しかし、このもがきが、何事においてもとても大事です。ぜひ、みなさん一緒に、それぞれの場所でもがいて生きて、地球への負担を減らしていきませんか?




変化に尻込みするなら

おはようございます、吉野実岐子です。

今回は梅の木のそばで、録りました。めちゃくちゃな天候の中、変化がこわくなってしまった方もいらっしゃると思います。そして、そこには変化や前進や前向きといったことへの、思い込みも隠れているようなんです。

そこで、そんな風に変化にしり込みしてしまう方に向けて、変化の本質とどうしたらいいかをお伝えしています。地面には、オオイヌノフグリすら咲いていない中、梅が咲くのは異様すぎます。

◆ ”今日もthumbs-up”

– Podcastはこちら
– Radiotalkはこちら

パソコンからなら、アプリのインストールは不要です。上記どちらも、パソコン上では、そのまま再生できます。



麹水、はじめてみました。

おはようございます。吉野実岐子です。

2月に入ってもまだ、もろみが余っていて、使い方が塩麹と被ってしまうので、塩麹は少しだけ作ることとし、残った麹は、麹水にしてみました。

麦茶のボトルなどに麹:水を1:5で入れて、ただ冷蔵庫内で保管し、約8時間後に飲み頃となり、最大で3日間飲み続けられます。その間、3回は水を足し続けて構わないそうですが、私は関係なく、期間内にどんどん水を足して飲んでみました。

簡単に言うと、見た目はポカリスエット、味は甘酒を薄めた感じで、とにかく水を注ぐだけなので超簡単です。水がより美味しくなる感じです。驚いたのは、飲み続けて2日経った日の朝、顔を洗う時に、肌の感触が違ったことです。

そして、3日の期限を過ぎた麹は、ベジブロスで作ったミネストローネに大麦の代わりに入れてみました。そうしたら、麹自体が食べるとほんのり甘く、その優しい甘さは想像以上でした。おいしかったので、今度は、お米を炊く時に入れてみようと思っています。

麹で水キムチを作るレシピもあり、確かに水キムチのあのほんのりとした甘さに共通する甘さが、麹水にはあります。

たくさん歩いた後などに飲むと、水よりごくごく飲めます。水より身体への吸収が良い感じがして、気づけば、ウォーキングの新しいお供になっています。そう「新しいお供を見つけるぞ」と意識的に頑張るんじゃなくて、ただ現実に対応していくと、あなたにとって自然な道が開けるようなんです。



スタンバイが増え、リズミカルには遠く

おはようございます。吉野実岐子です。

今年に入ってからは、強風や急な天候の変化に見舞われることが全国的に増えて、私の住む地域でも、リズムよく、2日に1回歩くような今までできていたことが、機能しなくなりました。

これを、以前の3日に1回に戻したところで、もちろん機能しないので、昨年末ぐらいからは、マンスリーで調整することにしています。ひと月に歩いた時間数・距離で計算した時、ひと月単位では、以前リズムよく歩いていた時と同じ時間数・距離を歩いているようにしました。

今の地球の状態と生活様式を変えない人間社会をみる限り、さらに3ヶ月や半年単位で調整していくことが求められていきそうです。

これはウォーキングだけでなく、洗濯等も同じです。これだけ気温や天候が急に変われば、玄関では冬のコートと春のコートがスタンバイします。また、汚れを落とししまっても、結局また次の日に使うことになったりして、レインシューズ・スノーシューズ・冬のブーツ・フラットシューズが、すぐ出番待ちとなって、玄関が少々狭くなります。

前日の予報と当日の実際が大きくずれるので、人によって、前日に準備しておくことが、逆に当日の混乱につながるようにもなったかもしれません。当日、今までより早く起きて準備をしなければならないとなると、例えば低血圧の方は少し辛いでしょう。予想を超えてくるでしょうから、シュミレーションはより難しくなるでしょう。これからは、この傾向がだんだん強まってしまうでしょう。

地球環境がより悪化すれば、菌などもよりアンバランスになり、虫なども毒を強めます。今までにはないほどの、大きな変化の幅を、私たちも求められます。そこについていける柔軟性・内省力・創造性を身につけてきた人たちと、偽りの快感に酔ってきた人たちの間では、後者には捉え切れないほどの極端な差がついています。

今年度も、一月上旬の時点で、すでに精神科へリファー済みであることを思う時、皆さんには、本当に現実を直視していただき、そうすると現実に助けてもらえる経験をしていただきたいと願っています。



資産なのか、負債なのか

おはようございます。吉野実岐子です。

持ち家であれ、マイナスでやっと売り払える時代になっています。ものはそうやって、負債にもなります。

ものを片付けることは、心の片付けや頭の片付けにつながります。つまり、脳の働きが良くなる道です。

しかし、それを躊躇する方は、どうやらものを資産だと見ているようです。ところが、そんなふうに躊躇するという事実が示すように、それは負債のケースがほとんどです。むしろ「これは要らない」とすぱっと捨てたものの中に、資産が含まれていたでしょう。

「捨てられない」と、物だけでなく人脈や方法等について思う時「私は今、これを資産だと思って見ている」と言ってみると、少し道が開けるかもしれません。

それを持つことで、あなたが変化に対応しづらくなっているなら、それはもう負債に変わっています。