期限に余韻をもたせる

おはようございます、吉野実岐子です。

期限がいつでもいいものについて「期限をうまく決められない」方に提案しているのは、邦楽の音の余韻の感覚です。尺八など邦楽の楽器は、西洋の楽器と違い音をピタッと止めることができません。だから、一緒に演奏するのは難易度が高いと言われています。

「何月何日の何時何分まで」といった期限は、ピタッと感がありませんか?西洋の感じがあるんです。もしあなたが日本で生まれ育ったなら、三寒四温のような揺らぎがある中にいるから、このピタッと感に添わせようとすると、少し緊張が高まりやすくなるかもしれません。

だとしたら、自分で期限を動かせるものについては、余韻のある期限を設定していくと、和やかに暮らしやすくなるかもしれません。例えば、今、二十四節気で「立春」です。そして、2月18日19:43:59までは「立春」です。2月18日19:43:59を目指そうとするより、立春の方に意識を置きます。そして「立春の内に、これをここまで終わらせると、なんだかいいな」と思うものを、知っていくのです。

ちなみに、今年の二十四節気はこんな感じです。12か月で1年を見ると、11/12残っている状態ですが、二十四節気だと22/24で割合は同じでも、少し感覚が変わると思います。

雨水 330度 2月18日 19時44分
啓蟄 345度 3月05日 17時54分
春分 0度 3月20日 18時37分
清明 15度 4月04日 22時35分
穀雨 30度 4月20日 5時33分
立夏 45度 5月05日 15時47分
小満 60度 5月21日 4時37分
芒種 75度 6月05日 19時52分
夏至 90度 6月21日 12時32分
小暑 105度 7月07日 6時05分
大暑 120度 7月22日 23時26分
立秋 135度 8月07日 15時54分
処暑 150度 8月23日 6時35分
白露 165度 9月07日 18時53分
秋分 180度 9月23日 4時21分
寒露 195度 10月08日 10時39分
霜降 210度 10月23日 13時51分
立冬 225度 11月07日 13時59分
小雪 240度 11月22日 11時34分
大雪 255度 12月07日 6時57分
冬至 270度 12月22日 0時59分

( 国立天文台暦計算室より引用)

気候がめちゃくちゃですが、二十四節気で見る分には、なんとか辻褄合わせてくれている感じで「確かにこの期間、雪も降っていた」のように実感とあいますので、二十四節気をつかっていくことはオススメです。日めくりカレンダー気分で「立春があと何日残ってるな~」と思う感覚でやっていくと「期限をうまく決められる」ように、なりやすいかもしれません。