古細菌

私たちの体の一部である皮膚や粘膜は、古細菌・真菌・ウィルス・細菌などの宿主となっています。

食べ物・洗濯の頻度・お風呂に入る回数や入り方等・寝具の洗濯の頻度等で、その分布は常に変わり続けています。ざっくり言うと、その分布が変わることで、私たちの免疫異常だって生まれています。

みなさんが、どんな古細菌・真菌・ウィルス・細菌などとどんな風に一緒に暮らしているかは、どんな疾患にかかるかと関連があります。

腸にかぎっていっても、抗生剤を過剰にとったり、農薬や添加物を摂取すれば、古細菌という強アルカリや超高温などの劣悪な環境でも生き延びられるものが、腸内で繁殖します。いわば、初期の地球の状態が腸内で再現されているようなものです。当然、善玉菌はやられてしまっています。

何でもバクバク食べて、体内環境がおかしくなったりしている人は、いわばお腹の中が恐竜誕生前の地球の状態に近いと表せます。

ここから、話はぶっ飛びますが、この古細菌はわたしたちが意識だと思っているものも、生み出します。さらに、論理が飛躍してるのを承知でざっくりとした傾向として話すなら、観察可能な事実として「意識的な人(無意識と意識のバランスが崩れている故にそうなる)ほど、体内環境は崩れている」傾向があります。

生活をととのえるという古細菌が減る働きかけをして頂くと、意識と無意識のバランスはよくなり、意識と無意識は統合され、気づくと肌荒れや体臭や妙な思い込みがぐんと減ることを、多々目の当たりにしています。



社員が生き生き働く会社

今日は経営者のみなさんに向けて、書きます。あるいは、勤務環境を改善したい社員の方は、その提案の参考にされてください。

社員が疲弊してきた/健康度合いが低くなってきたと思うなら、勤務時間が短くなる方向で調整しましょう。休日を増やしてあげたり、残業時間が減らざるをえないような仕組みをつくるのです。社内のレイアウトや書類の保管方法を変えるだけでも、残業時間はちゃんと減らせます。(「残業するな」と圧をかけることは、逆効果です。それは上に立つ者が思考停止状態にあることのみ、社員にしらしめます)日々の休息を得られると、社員が心底実感できることがゴールです。

そして、社員の生活の質/人生の質が下がってきたと感じとれるなら、いわば動脈硬化のような状態ですから、弾力性のある勤務体制をつくりあげるよう、目指すところを変えます。日々の休息という目の前でなく、キャリア形成が可能な働き方を用意していくということです。例えば、一ヶ月単位の長期休暇を用意すると、その間社員は普段なら見過ごすことについて深く考えたり、普段どうしても後回しにしてきたことに手を付けられ、一時的ではない内面のスペースを得られます。例えば、海辺で暮らしてみたかった人が一ヶ月そうしてみて「これを続けられるこういう勤務体系を取り入れてもらえないか」といった提案を、会社に持ち込んでくれたりして、会社自体に柔軟性が生まれます。やりたいことのためにすべてを犠牲にするのではなく、あれとこれをどちらもやりたいタイプの優秀な人材は、こうした弾力性のある勤務体系を好みます。会社にとっても利があります。賞与をお金でなく、休暇という時間の形で渡すこともできるでしょう。

社員が生き生きしていることは、経営者の側にとっても決してマイナスになりません。心地よければ、離職率も下がりますから、新たな人材確保のためのお金も時間も不要です。「考えさせる」という体をとりながら、実際には経営者自身が考えることを放棄していることもあります。その場合には、経営者自身が疲弊し、かつ人生の質や生活の質が落ちていることを、認めるところがスタート地点となるでしょう。


空間を増やし、動線を整える 1/3

部屋の ①空間を増やし ②動線を整えるため、仕事部屋/キッチン/洗面所を少し変えました。

まず、仕事部屋ですが、資料を保管していたファイルを変えました。セキセイのファイルは薄く、プラスチック製品の中では触り心地も好きで、かゆいところに手が届く商品が多いんです。中でもこちらは、愛用していました。ファイルの反り具合が絶妙で、資料を出し入れしやすいんです。また、カバンの中などに手を突っ込んで探し物をする際、手に当たってもその瞬間反ってくれるから、痛くないんです。

ただ、田舎にいると、お店も遠く当日お届けサービスとも無縁です。そのため、ファイルを買いに行く前に、資料が増える循環に入りやすく、薄いファイルに資料をギュウギュウに詰める流れに入ってしまって、10年経つとサイドが抜けたり、底が破れたりしてしまいました。ちなみに、ギュウギュウに詰めても劣化しなかったのは、厚く作られている無印良品のファイルです。ただ、厚みの分だけ場所をとるんです。そこで、セキセイの別の商品に変えました。取り出す頻度が少なく、保管をメインの目的とする資料なら、無印良品の方を選びます。

さらに、専門書の一部を著作権でゆるされるギリギリまでコピーしたものなどは、こちらに入れるようにしました。開閉しやすい蓋つきで、持ち運ぶときに雨なども入らないだけでなく、コピーしたものをきちんと守ってくれる固さがある商品で、やっぱりセキセイのものです。

また、この5年ほどトレーニングで使うから増えてしまったDVDも、こちらにまとめ、嵩を減らしました。

ファイル類については、どうしてもプラスチック製品のお世話になってしまうので、用途によって厚さなど厳選しながら、なるべくゴミを減らせたら、気持ちいいなと思っています。そうそう、大体の方にあてはまることに「心身の状態がいいとゴミは減る」があります。



発煙点

ホーロー製品をリペアに出したんです。それを機に、油の発煙温度を調べてみました。未精製だと、不純物を含むから焦げやすく、炒めものなどには、不向きなんですね。ただ、その不純物の分だけ、風味が良くなる良さがあります。

油は精製するだけで、発煙点が驚くほど上がるようです。例えば、エクストラバージン・オリーブ・オイルは160℃なのに、オリーブ・オイルだと200℃以上になり、バターは175℃なのに、ギーは230℃なんです。たまにパンケーキを焼く際使っていたココナッツ・オイルも「未精製だと175℃が発煙点だから、煙がでたのか!」と、納得しました。

ついでに、鍋類の扱いについて調べたら、何かコーティングしてある場合はすぐ冷水を入れることは避けた方がいいそうです。コーティング等がはがれやすくなるそうです。あの「ジュッ」っていう音が快感で、やってしまっていました…。

そして、ピーナッツオイルは香りが高いだけだけでなく、発煙点が230℃と高いそうなので、今度見つけたら買ってみようと思います。(ごま油や菜種油も、発煙点が高いです)

新年に入り、どんな新しい出会いがあるか、今年も楽しみです!



むしろ逆

年末の記事の中で、昼は副腎皮質ホルモンの分泌が増え、夜は成長ホルモンの分泌が増えると書きました。

昼の状態は、いわば反撃の体勢です。夜の状態は、いわば屈伏の体勢です。そしてここからが重要ですが、反撃も屈伏も、どちらも生き延びるために必要なものです。

反撃が勝ちで、屈伏が負けではないんです。人生において大切なのは、勝利を勝ち取ることではなく、成功することです。成功のため、この真逆に見える2つが備わっているのです。

反撃の態勢をとると、免疫系の活動と精神活動は、低下します。屈伏の態勢をとると、免疫系の活動と精神活動は向上します。

コロナで免疫を上げたい人は多いと思いますが、勝ってやると意気込んでいる反撃の態勢だと、それはかなわないわけです。交感神経優位の状態、つまり副腎皮質ホルモンがたくさん出ている昼間の状態にあると、てきぱき動いたりしていて、免疫が高そうに見えるかもしれませんが、むしろ逆なのです。

また、目覚めている状態で、頭が真っ白になり身体が全く動かないような経験があるなら、それは猛獣に食べられているときに起こる反応を経験したのだと、今知ってください。それは、同意でも許容でもましてや恍惚でもなく、夜道でヘッドライトに照らされたちつくす野生動物の状態なのです。このことを、法曹界の方にはもっと知って頂きたいと思っています。



強風の中でもしゃんと立つ

今年最初のポッドキャストをお届けします。「今年どんな一年になるのかなぁ~」と、ふと考えていませんか?この受け身の姿勢だと、流されやすく、不安が大きくなりやすいのです。だからぜひ「今年どんな一年にしたいか」を考えていくことで、人生の手綱をしっかり手の中におさめてください。

その上で、うんと高い目標でも、その目標が叶いやすくなるコツがあります。そのコツを紹介していますので、ぜひメモ片手に約3分、お耳を傾けてみて下さい。年末年始ずっと、毎日強風が続いて、風の音がうるさくなってしまいましたが、そのリアルさもお楽しみいただけたら、幸いです。

 ◆ ”今日もthumbs-up”

– Podcastはこちら
– Radiotalkはこちら

パソコンからなら、アプリのインストールは不要です。上記どちらも、パソコン上では、そのまま再生できます。



続く人のマインドセット

新年、何かを始め&続けたいと思っている方も、いらっしゃるでしょう。そんな方に、何かが続いている人のマインドセットをシェアします。

何かが続いている人は「やりたいからやる」「やりたくないからできない」」ではなく「そうすることになっているから、ついそうしてしまった」の状態にあります。「どうやって続けられるの?」と聞かれたら、こんな風に答えるでしょう。「え?続けようなんて思ってないよ。なんかそうすることになってる感じで、ついそうしてしまってたんだよね。気づいたら年数経っていたかもしれないけど」

続けたいことの前で右往左往したり、助走をつけようか悩んだりしないで、すたすた歩いて行って、その様がうつくしくなかろうと「おっこらっしょ」とそこを跨いで先に歩いていく感じです。どういう見た目でそこを跨ぐのか、そもそも跨ぐ必要なんてあるのか、なんて考えたりしないで、気づいたら軽くつまずきながらでも、「そこ」は通り過ぎているんです。

「そこ」に重きを置かないんです。だからじたばた騒ぐこともありません。まずは、ここまでにします。



柔らかく優しい日々

お正月ですから、閑話休題として、この半年で使うようになったアプリを、ご紹介します。

ひとつは、ルーティン用のアラームです。決め手はデザインがシンプルで、アラーム音がマイルドの二点でした。学校のチャイム音も、ギクっとするのでなくホッとするようつくられてましたし、リコーダー音も「ピタゴラスィッチ♪」を思い起こすのんきさでした。求めているのは「お知らせ」で「警戒」ではないので、それを満たしてくれた余計なものを含まないアプリが、上記でした。

もう一つは、ハナノナという野草の名を知らせてくれるアプリです。懐中電灯で地面を照らすがごとく、このアプリをかざしながら歩くと、名前または〇〇科のように出てくる様に、はじめは感動しました。使ってみると、意外と名前まで認識できる種類が少なかったのですが「それぐらいレアな草がたくさん周りに生えているのかな」と思ってみたりして、種類が増えるのを楽しみに待っています。

とにかく、このアプリがあるとないとでは、全く世界が変わりました。名前がわかり、後で調べて詳細が分かるだけで、同じ場所にいたまま豊かさがぐんと増すことを経験しました。以前は、自力で調べていましたが、30分調べてもわからないことも多く、むしろストレスに感じる時もありました。植物学者への尊敬の念が増しました。

今日は、この半年で私の日々を柔らかく優しくしてくれたアプリをご紹介しました。「自分の毎日を柔らかく優しくするには」と言う問いを持っていたから見つけられたのです。同じニーズをお持ちの方は、よかったら使ってみてくださいね!



悪いプロセスがうむ、すごくいい結果

明けましておめでとうございます。コロナ変異種が複数見つかって、交通関連に変化が生じるなどし、これらを悪いプロセスだと捉えている方も多いと思います。そして、悪いプロセスだから、悪い結果が生まれると予想するからこそ、ブルーになっている方が多いようです。

望まない妊娠に至る行為や望まれなかった中で押し切った結婚など、単純化して言うと悪いプロセスだったと、みなさんが分類したいことが、世の中には存在します。

そして、自分が生まれてきた過程が、悪いプロセスだったと知った子供は、望まれなかった子のようにプロセスと自分を重ねて捉え、単純化して言うと悪いプロセスが生んだ悪い結果が自分だと、思います。また、親など周りが「あなたを殺そうと思っていた(中絶を考えた)」と言ったり「あなたなんて生まなければよかった」と、その子にそういう場合も、非常に多くあります。

この時、このいわば詐術にはまる子供とそうでない子供がいます。そうでない子供は、自分のことを悪いプロセスがうんだ、すごくいい結果だと理解できるのです。そう信じるのではありません。自分がすごくいい結果だと理解し、実際にそれを証明していくような人生を送るのです。理解力をそうして磨いた子供は、信じることでより詐術にはまるのではなく、ひいたところからすべてを見通し理解するからこそ、こうしたいわば詐術にもとらわれなくなります。

プロセスが良かったから、結果が良くなるわけではありません。その例が「雨降って、地固まる」という慣用表現によく表れています。プロセスと結果の関連性は、うーんとひいたところからでないと見えないことがあり、親子間のみにフォーカスするような近視眼的な視野からでは、プロセスと結果に何の関連性も見いだせないことがあります。その例が「鳶が鷹を生む」「ひょうたんからこま」といった慣用表現によく表れているでしょう。

繰り返しますが、自分はすごくいい結果だと信じ、その幻想に酔うのではありません。現実から離れ、妄想するのではないのです。うんと引いた視点から全体を理解した結果として、プロセスと結果の関連性もありのままにみます。そうやって現実を見たからこそ、力を得ることができて、その果てにみなさんは実際にすごくいい結果になっていくのです。



特に、夜勤やシフト制で働く方へ

夜勤があったり、時間が大きくずれるシフト制で働いている方は、以下を頭の中に入れておくと、心身を健やかに保つ工夫を始められるでしょう。

まず、昼間は副腎皮質ホルモンが優位で、夜勤から帰ってきて朝寝るような感じや午前11時頃に昼寝すると、レム睡眠の時間が長くなります。夜間は成長ホルモンが優位で、シエスタを取ったり早い時間から眠りはじめると、ノンレム睡眠の時間が長くなります。

身体の眠りと脳の眠りがバラバラになった状態が、いわゆるナルコレプシーですが、これは治療を受けることができます。そして、起きた時に「布団/ベッドの中が温かくて気持ちいいな」という感覚がないなら、少なくとも身体の眠りの方は不十分だと言い切れます。身体の眠りが十分なら、血管がきちんとひらくので、布団/ベッドの中はちょうどよい温かさになるからです。

お仕事柄、丑三つ時に「スタッフ反省会」があったり、一番嫌なことをやらないといけない方もいらっしゃるでしょう。丑三つ時は細胞分裂がさかん、つまり生まれたての傷づきやすい細胞がたくさんある時間なので、ストレスのかかることは、極力さけるに越したことがありません。サスペンスやホラーなど、こわい映画を観て眠ったりすることは避けた方が、心疾患を減らせることもわかっています。

ぜひ、年末年始は心身ともに健やかさに向かう時間になさってください。みなさまの元旦が「あー寝床もあったかくて気持ちいい。うーん良く寝た~!」という気持ちよさに満ちて始まることを、願っています。それでは、本年もありがとうございました。どうぞ佳いお年をお迎えください。



この年末年始こそ、やりたいこと。

「睡眠時間を削るのがやる気」のような変な根性論に、すぐ逃げ込んで工夫をさぼっていませんか?眠らないでいると、人間の精神活動は必ず乱れます。

ノンレム睡眠・レム睡眠の両方を耳にしたことがあると思いますが、「ノンレム睡眠は深い眠りだからよくて、レム睡眠は浅い眠りであんまりよくない」といった変な解釈をしてはいないでしょうか?どちらも必要だから、わたしたちに備わっているのです。

まず、ノンレム睡眠は筋肉の緊張が少しずつ緩みながらも、その緊張がある程度残る状態です。脳波で見ると、脳の活動が次第にゆっくりとしていくさまがわかります。

そして、レム睡眠は、筋肉はほぼ完全に弛みますが、眼球を動かす筋肉だけは動きます。脳波で見ると、昼間の目覚めた状態と近く、夢を見て脳内のお片付けをします。そして、このときの筋肉がほぼ弛んだ状態が、空を飛ぶ夢/どんどん落ちていく感覚の夢/金縛りにあって声が出ない状態、となることが分かっています。そこから「なぜだか眠るのが怖くて、眠いんだけど眠りたくない」という葛藤を抱えることがあります。そして、レム睡眠中に目覚ましが鳴ったりすると、目覚めに不快感が残りやすいと言われています。また、脳内のお片付けができているという意味でのいい夢とは、昼間の論理的な発想からは考えられないような飛躍を含む夢だと言われています。

また「明るい夢の方がいい」という決めつけが危険であることも伝えておきます。特に精神病性障害からの回復期、夢は明るく、起きてみたら現実が暗いとなって、その落差が自殺へつながるという指摘もあります。

睡眠時間は、多くの方が圧倒的に不足しています。そして、子供の時は大事にしていた目覚め心地を蹴っ飛ばして「でもまぁ、6時間(→寝不足です)寝たからいいんじゃない?」のように、自分を丸め込んでしまいます。が、心地よく目覚める「あーよく寝た!」と思わず伸びをしてしまう感覚が週に何度もあるのが、健康的な状態です。ぜひ、①睡眠時間をうんと伸ばし ②上記の知識で「あぁ金縛りが嫌だと思ってたけど、レム睡眠特有の状態をわたしはちゃんと捉えていたんだ。だから、大丈夫なんだ」と認識を改め ③目覚め心地をよくする ことを、この年末年始に集中的にやってみてください。



みなさんにお歳暮を。

先週末から、お休みに入った方が多いでしょうか? ぜひお正月の準備でバタバタする前に、今年を大切に取り扱う時間をとってみましょう。

以下は、その助けになるかと思って、皆さんに贈るお歳暮のようなものです。

  1. 今年を振り返って、一番印象に残っている匂いはどんな匂いですか?
  2. 今年1番した動作は、どんな動作でしたか?
  3. 今年もう一度握り締めたことは、どんなことでしたか?
  4. それでは今年のスケジュール帳を、パラパラとめくってみましょう。さて、すっかり忘れていて、驚いたことは何ですか?
  5. あの時気づかなかった、喜びや価値があれば、簡単に書き留めてみましょう。
  6. あの時言えなかった自分の頑張りがあるなら、今ここで自分に「よくがんばったね」と言ってあげましょう。
  7. 今年を振り返って、実は一番感謝を手向けるべきは誰でしょうか?
  8. 大切にしたいはずなのに、今年もやり残してしまいそうな事はどんなことでしょうか?
  9. 8の回答に当たることを、今から少しだけ進めるとするなら、何をどんな風にどこまでやりますか?
  10. 今年、印象が変わったことを思い返した時に、それは自分のどんな成長を伝えてくれていると思いますか?

1日1日を大切にいきましょう。なぜなら、あなたが大切なかけがえのない存在だからです。



地球を中心に据えよう

もし、これから遅ればせながらのクリスマスギフト・お歳暮・お年賀を選ぶなら、地球に優しいものを選ぶことが、あなた自身へ優しさを贈ることにもなります。

相手を満足させる贈り物は、あなた自身についていい印象を持ってもらうことには、役立つかもしれません。でも、贈り物の目的は、印象操作でしょうか?今回は、贈り物の本来の姿について、お話しています。

ちなみに、地球に対して直接贈り物をしたいなら、こうしたリストをみて、自分が動かせる部分を順に見つけ続けていくこともできます。

わたしたちの始まりは、地球です。人間は、地球に生まれた最初のいのちではありません。末っ子はその恩恵にありがとうを言うことから、すべてがはじまっていきます。

スタートを重んじる贈り物を贈ることは、あなたの人間性の表現ともいえます。また、それに対する相手の反応は、相手の人間性が露呈する瞬間でもあります。あなたが本当は何を観ていたのか、何を欲していたのかが、ひょこっと顔を出す瞬間です。

★ ”今日もthumbs-up”

Podcastはこちら
Radiotalkはこちら

パソコンからなら、アプリのインストールは不要です。上記どちらも、パソコン上では、そのまま再生できます。




浮気をゆるせる心の広さ?

単発コーチングのお申込みは、今夜21時までです。さて、パートナーに浮気され「それすら許せることが愛だ」と、自分に強いてませんか?

パートナーに浮気されている状態、つまり三角関係でなんだかんだやり過ごせるのは、実は単にその人が母親(父親)の影響下にとどまっているが故であると表せます。

その人が男性であれば、母親の影響下にとどまっているからこそ、妻や恋人の浮気をなんだかんだオッケーとしてしまえます。その人が女性であるなら、まだ父親の影響下にあるからこそ、夫や恋人の浮気を結局のところオーケーとしてしまえるのです。

口で「好きだから耐えている」「諦めて受け入れている」「別れると約束してくれたから、信じて待つ」のように言っていようと、何を言ったとしても、です。

なんとなく「許せるって素敵」と酔って、自分が酔えるイメージに自分を当てはめていく限り、ありのままを認めることなどできないから、苦しみは続きます。

そんなあなたが自分に問うべきは「なぜ、自分はそこまでの酔いを必要とするのか?」です。相手に潔白を求めるゲームにいそしむより、自分のありのままを見ていなかった事実を受け入れる方へ進みましょう。



プライスレス

プライスレスは、値段がつけられない領域に対して使う表現ですが、昨今は何でもプライスに還元しようとして、目の前のものの質を貶めては、自分も堕ちていく方が多いようです。

そういう人は、相手が金額以上のことをしてくれたとき「なんだこういう対応もしてくれるんじゃん」「ラッキー」「うまいことただで/低価格でやってもらえた」と思っています。そして、それが特別な対応で例外だったと知ると、自分の見てくれを気にする気持ちから焦って、それを清算しようとして、例えばなにか無難な物を送ったりします。

そうやって、相手の寛容さやあなたに向けてくれた情熱を踏みにじっていると、あなたの世界から「プライスレス」が消えていきます。かけがえのないものが消えていき、何でも撮ってアップしてはそれを賢いと思い込むYoutuberのように、すべてが切り売りになる苦しさが、つきまとう日々になります。

また、例えばどんどん本を出版したり、聞いたことは何でも答えてくれる人に対して、感謝や尊敬ではなく「あの人は小出しにしているんだ」「あの人は聞かないと答えてくれない」といったトンチンカンも甚だしい思いを抱くようになります。

そうなると、みなさん自身が感謝を手向けられたり、尊重される深い心地よさのない世界を生きることになり、簡単に言うと、食うか食われるかの獣の世界のような毎日が当たり前になります。

一方、相手の寛容さを上述したようには捉えず、きちんと受け取って感謝し尊敬していける人は、どこまでも後ろ盾を得られ、またその後ろ盾によって、伸びていけます。相手がどんどん教えてくれるのは、あなたがプライスレスで、また教えてくれる内容がプライスレスだからであって、教えてくれる内容が安い情報だからではありません。自分を堕として周りに適応しようとする限り、こうした扉はひらかず、扉のある箇所は、壁のように見えてしまうでしょう。